保健事業

保健事業

こんな事業もやってます
1年に一回、定期的に健康診断を受けましょう!

生活習慣病予防健康診断
 

 15,000円を限度に助成します。支部で集団健診を実施している場合もあります。
 補助金の申請には、特定健康診査基本項目すべてを受診(費用の一時立替)した上で、申請書に領収書・健診結果を添付してください。
※健診結果が不足している場合、足りない項目の受診が必要です。

>>申請書はこちら



特定健康診査・特定保健指導
 

 40〜74歳のすべての方が対象です。受診するには、「特定健康診査受診券」が必要です。
 「受診券」と「被保険者証」を持って、医療機関、健診機関に予約の上、受診してください。利用者負担はありません。

 平成20年4月より、生活習慣病対策としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査がはじまっています。健診結果より生活習慣の改善が必要な方に対しては、特定保健指導も行われます。


(年度内1回)
組合員 家族
40歳以上
(当該年度中に40歳になる者を含む)
A 生活習慣病予防健康診断
(特定健康診査の項目を含む)
15,000円
B 特定健康診査
40歳未満 15,000円 なし
※生活習慣病予防健診、特定健診は年度内に1回、どちらか一方です(重複不可)。
 健診ではじめて自分の病気がわかった人も少なくありません。健診結果を日々の生活にいかして健やかな毎日をお送りください。

  平成20年4月から40〜74歳の皆さんを対象として、特定健康診査・特定保健指導が始まっています。

特定健康診査とは?
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で次の項目で実施します。

基本的な健診の項目
質問票(服薬歴、喫煙歴等)
身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
理学的検査(身体診察)
血圧測定
尿検査(尿糖、尿蛋白)
血液検査
  脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  血糖検査[空腹時血糖(※随時血糖不可、食後10時間以上)又はHbA1c]
  ※HbA1cは、25年度よりNGSP値

詳細な健診の項目 一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
心電図検査
眼底検査
貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)


特定保健指導とは?
 特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートをします。特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援積極的支援があります。

特定保健指導階層化
特定保健指導の結果から階層化を行い保健指導内容を判定します。

内臓脂肪蓄積のリスクを判定

  1. 腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上
  2. 腹囲は上記未満だが、BMI[体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m) ]が25以上

※1.の場合、内臓脂肪面積を測定したときは、内臓脂肪面積の測定が優先されます。

※いずれにも該当しなければ特定保健指導は対象外です。


検査結果、質問票から追加リスク数をカウント

1から4で当てはまるものを、リスク1個としてカウントします。

1. 血糖※ 空腹時血糖 100mg/dl以上 又は HbA1c:5.6%以上
2. 脂質 中性脂肪 150mg/dl以上 又は HDL(善玉)コレステロール:40mg/dl未満
3. 血圧 収縮期血圧 130mmHg以上 又は 拡張期血圧:85mmHg以上
4. 喫煙歴 1〜3のうち、1つ以上に該当した場合にカウントします

※1の項目を測定している場合は、空腹時血糖値を優先とします。


保健指導のレベルをグループ分け

STEP 1 STEP 2 保健指導の
内容
1のリスクに
該当した場合
(腹囲測定)
1〜4のリスク数が 2つ以上 積極的支援
1つ 動機付け支援
0 情報提供
2のリスクに
該当した場合
(BMI)
1〜4のリスク数が 3つ以上 積極的支援
1つ又は2つ 動機付け支援
0 情報提供

※65歳以上の方は、積極的支援レベルに該当しても、動機付け支援を行います。


保健指導レベルにあわせたご案内を送付します。

情報提供
  • 健康的な生活習慣の重要性に対する理解と関心を深め、生活習慣を見直すきっかけとなるような、基本的な情報を提供します。
動機付け支援
(リスク低)
  • 初回面談:個別に20分以上、対象者に合わせた実践的なアドバイス
  • 実践:6ヶ月間、自身で「行動目標」に向けて生活習慣改善
  • 実績評価:6ヶ月後に健康状態、改善状況の確認
積極的支援
(リスク高)
  • 初回面談:個別に20分以上、対象者に合わせた実践的なアドバイス
  • 継続支援:6ヶ月間、「行動目標」に向けて生活習慣改善の実施メール や電話等で生活習慣の改善のための支援を継続(支援の継続は 約3ヶ月以上)
  • 実績評価:6ヶ月後に健康状態、改善状況の確認

個別訪問指導

 特定健康診査を実施された方に対して、階層化の結果動機づけ支援・積極的支援に該当された場合、ご自宅に保健師等がお伺いして特定保健指導を実施しています。

 対象となった方には保健師・管理栄養士等より電話・お手紙で連絡させていただきますので、この機会に特定保健指導をぜひご利用ください。


特定健康診査等の詳細については、各所属支部へお問合せください。

特定健康診査実施機関検索はこちら! 社会保険診療報酬支払基金 機関情報検索ページ

歯科予防健康診断の助成
 組合員と家族のみなさんに年度内に1回、「歯科保健センター」の実施する健診に助成しています。出張健診も行なっています。

高額医療費の貸付
1ヵ月の医療費が自己負担限度額を超えた場合(高額療養費)には、その費用の8割について貸付を行っています。

>>申請書はこちら

申請する時には、提出書類に加え、必ず「所得・課税証明書」等を添付してください。

出産費の貸付
出産育児一時金の支給を受けるまでの間、支給額の8割について出産費用の貸付を行なっています。

>>申請書はこちら

貸付対象者は、出産予定日まで1ヵ月以内の方です。また、妊娠4ヵ月以上であり、出産に要する費用について医療機関等から請求を受け、又はその費用を支払った方も対象となります。

健康家庭の表彰
 1年間、まったくお医者さんにかからなかったご家庭に記念品を贈ります。
 毎年表彰をうけている壮健なご家庭もあります。

健康講座(教室)の開催
 全国の各支部の主催で、「生活習慣病予防」の講習や「家庭介護」の実習などを行なっています。次々に新しい企画が出され楽しい催しとなっています。近くで開催される時がありましたら、是非ご参加ください。
 また、健康教育ビデオの貸出も行っています。
 「転ばぬ先の杖」−ビデオには生活習慣病予防のヒントがたくさんあります。

育児誌の配付
 赤ちゃんとご両親の健康管理のために、誕生後1年間毎月育児誌をご家庭に送ります。

医薬品の斡旋
 年に2回、市販されている医薬品等を格安価格にてご提供します。
 常備薬の備蓄等にご活用ください。

貸付や補助金の申請手続きは、各支部の窓口で行なっています。


TOP
COPYRIGHT(C) 2005 全国左官タイル塗装業国民健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.